再発のない治療を行うために

当院では、再発のない治療を行うために、根本治療に取り組んでおります。
そのため、最初にお口の状態、咬み合わせ、顎関節、骨格等の総合的な検査・診断を行い、問題点をしっかり把握した上で、患者様に十分な説明を行い、治療の方向性を決めた上で、適切な治療を進めていきたいと考えております。

治療の流れ

Step1.問診

強い痛みがある場合などは別として、まずはじっくりと患者様のお話しを聞かせていただき現在の症状や至った経緯、お体の病気の有無や治療に対する要望等をお聞きいたします。
もちろんご希望がある場合は、すぐに治療を開始することも可能ですが、特に希望のない場合は口腔内の検査に移っていきます。

Step2.口腔内検査

お口の中の状態を知る為に詳しく検査をします。

①口腔内写真

お口の中の状態を写真で記録しておく事で、術前術後の比較や治療に際してのカウンセリング時に説明することができます。
お口の中の写真は大事な資料となります。

②レントゲン写真

レントゲン写真では、虫歯、歯周病の状態や、根の病気の有無を確認することができます。
また状態によってより詳しく確認する必要がある場合は、小さいフィルムを用いて一つ一つの歯のレントゲン撮影を行なったり、CT撮影により状態を確認します。

③歯周組織検査

歯と歯ぐきとの境目には歯周ポケットと呼ばれる溝があります。
この歯周ポケットの深さを測定する事で、歯周病の進行具合を診断します。

Step3.顎機能検査(必要な場合)

顎関節症や噛み合わせの異常等で更なる検査が必要な場合は、顎機能検査を行います。

④顔貌写真

顔の写真を撮影し、左右のバランスや姿勢の確認をします。

⑤CADIAX(顎機能検査)

コンピューターを用いて顎関節の運動解析を行います。これにより顎関節での問題の有無の把握や治療に用いる顎位を明確に設定することができます。

⑥セファロ検査

頭部のレントゲン写真を撮影し、骨格の診断を行います。

⑦模型分析

上下の歯型を咬合器という器械に装着し、お口の中の状態を様々な角度から観察・分析を行います。また治療のゴールの設定も可能となります。

⑧歯ぎしり検査(Bruxchecker)

厚さ0.1mmの薄いフィルムを用い睡眠時の歯ぎしりの検査を行います。
これにより無意識下での接触状態を可視化でき、確認が可能となります。

Step4.総合診断

以上の検査結果を基に、顎関節や噛み合わせを考慮したお口の中の総合診断を行います。
将来性を考慮し、やり直しのない治療計画を立案します。

Step5.カウンセリング

検査の結果を1つ1つ丁寧にご説明いたします。
患者さまにとって理想的な治療の計画や方針・方向性を決定します。

Step6.治療

カウンセリングにて治療方針・方向性が決まった後、本格的な治療が開始されます。
基本的には計画通りに治療は進行していきますが、処置中に新たな問題(歯の破折等)が発見され、治療計画の変更が余儀なくされる場合もございます。
その場合は再度カウンセリングを行い、治療計画の変更についてご説明させていただきます。
また、治療途中でも治療に対するご希望がございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

カウンセリングについて

カウンセリングでは、どうして今の状態になってしまったのか、現在のお口の中がどういう状況なのかをしっかりとご説明いたします。
また、検査結果から将来的に起こると考えられる問題や治療の必要性の有無、どのような治療法があるのか、治療費や治療期間についても必ずご説明いたします。
この際、患者様のご希望もしっかりお聞きし、より良い治療法の選択を行なっていきます。
治療を良い状態で進める為には患者様の協力が必要です。
しっかりとした治療が行えるよう私たちと一緒に頑張りましょう!

メンテナンスについて

治療が全て完了するとメンテナンスへ移行します。
頑張って治療をしたら、その状態を長く維持させたいですよね?
メンテナンスでは定期的な歯石の除去やクリーニングが中心となり、現在のお口の状態を長く維持する為には不可欠なものとなります。
メンテナンス間隔についてはお口の状態にもより異なりますが、概ね1〜6ヶ月毎に必要となります。
お口の状態をしっかり維持して、健康な生活が送れるよう頑張りましょう!

PAGE TOP