治療の案内

むし歯の治療

各段階に合わせた最適な治療を

むし歯はその大きさによって治療方法が変わります。
むし歯の大きさが小さく初期段階であれば定期的にフッ素という薬を塗り歯の再石灰化を促したり、削ったとしてもごく僅かであり治療に必要な時間は短くなります。
しかし、むし歯が大きくなればなるほど、歯を削る量は増えてしまい神経を取らなければならなかったり、最悪歯を抜かなければならない事もあります。そのため、治療に必要な時間や期間が長くなってしまう傾向があります。
削った後は、残った健康な歯の状態により詰め物や被せ物を行い歯の形態や機能を回復します。
詰め物や被せ物の種類については、それぞれ特性を丁寧にご説明した上で決定していきます。
治療後には健康な歯を持続できるようサポートいたしますので、ご不明な点があれば何でもお聞きください。

むし歯とは
お口のなかにはたくさんのむし歯菌が住んでいます。
そのむし歯菌は、食事や間食でお口の中に食べ物を入れると、その食べ物の糖分を栄養源として酸を出します。
むし歯菌が出す酸は歯を溶かしてしまいます。
このこと脱灰といい、この脱灰の時間が長ければ長い程、歯が溶けてしまいむし歯になってしまうのです。

放置する事の危険性
むし歯が自然に治る事は残念ながらありません。
一度むし歯ができてしまうと治療しない限り、むし歯は少しづつ大きくなってしまいます。
むし歯が大きくなり神経を取ってしまうと歯が割れやすくなってしまったり、最悪抜歯になってしまうと、噛み合わせが悪くなってしまったりその他の問題が出てきてしまう事が多くあります。
むし歯は早期発見早期治療が有効です。
症状が出てしまう前、むし歯が大きくなる前の治療をオススメします。