治療の案内

口腔機能発達不全症

予防は小児から

近年「口腔機能発達不全症」と診断される小さい子供が多くみられるようになりました。
「口腔機能発達不全症」とはその名の通り、咀嚼や嚥下、姿勢などのお口と関係のある機能が正常な状態と比較して機能が低下している状態にある事をいいます。
「むし歯」によって早期に歯が失われたり、指しゃぶりや頬杖などの「悪習癖」や異常な「嚥下」、悪い「姿勢」等様々な要因によって「口腔機能発達不全症」は引き起こされます。
その結果、生涯に渡りお口の機能は低下する事となります。
早期のアプローチが肝心となりますので、気になる症状等がございましたら一度ご相談ください。

「口腔機能発達不全症」による機能障害を予防する為には、なるべく若い頃からのお口のチェックが必要になります。
お口の機能や状態に応じて、治療的介入やお口のエクササイズで機能障害を改善する事を目標としていきます。
下記にチェックリストを参考にしていただき、該当する項目が多いほど「口腔発達不全症」が疑われます。

⬜︎歯の萌出に遅れがある
⬜︎歯並びに問題がある
⬜︎咬み合わせに影響するむし歯がある
⬜︎強く咬みしれられない
⬜︎食事の時間が長すぎる、または短すぎる
⬜︎食事の際に食べこぼしが多い
⬜︎舌を突き出す癖がある
⬜︎舌を前に出したり、上にあげたりしにくい
⬜︎唇がいつも開いている
⬜︎言葉の発音が明瞭でない
⬜︎口呼吸がある
⬜︎睡眠時いびきをかいている
⬜︎痩せ型または肥満型
⬜︎姿勢が猫背